太陽光発電の自家消費を最大化するためには?

太陽光発電の自家消費を最大化するためには?

太陽光パネルをお持ちの皆さん、発電した電気をどのように使っていますか?

FIT認定を受けて売電している方もいれば、蓄電池やEVに貯めて、うまく使用している方も多いかと思います。

今回は、自家消費の重要性と自家消費を最大化するためのコツについてご紹介します。

目次

  1. 太陽光パネルで発電した電気を効率的に使うには?
  2. 太陽光発電の自家消費を最大化するには?
  3. 自家消費を最大化するためのNature Remo Eの使い方

1. 太陽光パネルで発電した電気を効率的に使うには?

太陽光パネルで発電した電気の使い道は以下の2つになります。

  1. 自家消費をする
  2. 売電する

ただ、FIT制度が始まった当初に比べると買取価格が落ちているため、売電して得られる利益が減ってきている現状があります。

現状でもFIT価格で売電を行うことは可能ですが、この10年で半分以下の価格に下落しています。

また、電力会社の設定している電気代が高くなってきていることもあり、売電よりも自家消費して使う方が効率が良くなってきています。

2. 太陽光発電の自家消費を最大化するには?

では、どうすればうまく自家消費を行うことができるのでしょうか?

うまく自家消費を行うには、使いきれない電気(余剰電力)をなるべく貯めることが大事になります。

使用量より多く発電した場合に、蓄電池やEV、エコキュートの沸き増しとして貯める必要があります。

PanasonicのAiSEGやNature Remo EなどのHEMSを使って、エネマネを行って、効率的に自家消費をすることができます。

3. 自家消費を最大化するためのNature Remo Eの使い方

スマホHEMS「Nature Remo E」を使って、自家消費を最大化してみませんか?

Nature Remo Eでは、自家消費を最大化するための「自家消費スコア」を見ることができたり、余剰電力を自動で貯めるためのオートメーションを設定したりすることができます。

Nature Remo Eについては以下の記事もぜひご覧ください。

ブログに戻る